長野市で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!

長野市で車を売るならどこが1番お得なのか調べてみました。

自動車

車買取と下取りの違い

投稿日:

車買取と下取りの違いを査定基準で分析

ネットなどで調べていくと、車を買い替えようとする際は下取りよりも車買取の方がオトクになると出ていることが多いですが、具体的にどのような部分が良いのでしょうか?ここでは査定士による査定基準を例に挙げて紹介しましょう。まずはディーラーの査定について、基本としてディーラー下取りの場合、自社のメーカー以外の査定額は低くなると考えても良いでしょう。特徴として、車種と年式、そして走行距離といったデータをもとに査定を出すため、機械的に行われますのでそれ以外の加点は望めないでしょう。

査定士のチェック点もいかに査定額を下げるかという部分に気が回りやすく、小さなキズやヘコミまで大きな修復歴としてマイナス査定にすることがあります。一方で、車買取店の場合は査定基準が大きく異なります。膨大な最新の中古車市場データを元にして、メーカーや車種に年式を問わずしっかり査定を行います。下取りの査定と大きく違うのが加点対象です。

最新データをもとに、トレンドに合わせて人気のあるものはボディーカラーやオプション品などで加点されます。小さなキズやヘコミについては大きな修復歴として判断されることも無く、車全体の価値として判断されますので心配はありません。そして、車買取の相場は常に一定ではなく、様々な市場の動向によって変動をしております。さらには買取店によっても査定額が異なりますので、幾つかの業者で査定を行うことで、思いがけない高額査定を付けてくれるケースがあるのも魅力です。このようなことから、査定基準において下取りよりも車買取の方が高い査定が出やすいことが分かります。

車買取と下取り、査定の差はどこに?

車買取と下取りなら、査定額は車買取の方が高くなると様々な場面で聞くことがあるでしょう。しかし、それはなぜなのでしょうか?ここではディーラー下取りと買取業者の査定額の差が生じる理由について分析しましょう。まずはディーラー下取りの場合、下取りした車は基本、中古車展示場での展示販売を行います。この方法はすぐに売れれば良いのですが、なかなか販売するまでには時間がかかります。このため、駐車スペースを管理する費用と展示スペースへの移動費などコストがかさみ、その分査定額は下げざるを得ません。

一方で車買取の場合はどうなのでしょうか?多くの買取業者ではオートオークションへ出品されます。例えばラビットは中古車最大級のUSSオートオークションと連携、この場合は買取った車をすぐに売るというスピードがあるため、管理コストが削減され査定額をアップさせることを実現しています。また、関西に拠点を置くユーポスでも大規模オートオークションの「ベイオーク」で販売され、買取後の保管コストがかからない分、査定額に転嫁されております。

その他、買取業者の中には自社で中古車販売を行っているケースもあり、よりコスト削減を成功させており、高額査定へと繋げているのです。このように、ディーラー下取りと車買取業者の査定額の差はどんどん開いてきております。ディーラー各社も下取りキャンペーンなどを展開しておりますが、必ず複数の買取業者での査定額をチェックするということは大切でしょう。

-自動車

Copyright© 長野市で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め! , 2018 All Rights Reserved.